2022 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 暫定カレンダーはこちらをクリック!!

2021MFJスーパーバイクレース in 九州 予選~決勝編

ブログ

2021年MFJ全日本ロードレース選手権第7戦スーパーバイクレース最終戦in 九州
◆開催概要◆
〇開催日:2021年9月18日(土)・19日(日)
〇開催場所:オートポリスインターナショナルレーシングコース
〇開催レース
文部科学大臣杯 JSB1000・ST1000・ST600・J-GP3(土曜日:公式予選/日曜日:決勝レース)
〇天候:土曜日/雨のち晴れ  日曜日/晴れ
〇観客動員:土曜日/3,100人 日曜日/4,100人

各社スポンサー様、ファンの皆様応援ありがとうございます

公式予選結果

参加台数 35台 (23位) 予選不通過8台(108%)

23位???予選の様子を詳しく書いてみました!

心配された台風は去りはしましたが、朝から生憎の天気

ST600予選が始まる頃には大粒の雨が落ちてきて、完全にウエット路面。

全車レインタイヤをチョイスし35分の予選が開始されました

予選開始から10分もたたないうちに晴れ間がのぞき乾いてくるコーナーもチラホラ
ピットに入るタイミングを図ります

走行中ピットとのやり取りはチームがホームストレート通過時に掲示するサインボードのみです
4輪レースは無線でやり取りをするんですが、2輪はサインボードでやり取りをします

しかしどんどん路面は乾いてはきますが、飛沫が上がる程のウエット路面もまだ少なからず残る難しい状況
松岡玲は15番手付近から中々順位が上がらずでもう少しポジションを上げておきたい所ですが、転倒者もチラホラいたようです

残り時間20分少々残す頃続々とピットインしてきます
松岡玲も14番手までポジションあげてきましたが、まだピットインしません

コース上には10台を残し殆どのライダーがピットインしています

第二ヘアピンまでの区間は飛沫を上げる程雨水が残り、殆どの区間はライン上は乾いてきていますが残り18分辺りでもまだ入ってきません、コース上には4台のみが走行してる状況です

すると暫くして松岡玲もピットインしました

打合せをし残り8分辺りで松岡玲もピットアウト



乾いてきているが、濡れてる路面もあるが故、どのチームも非常に難しいタイヤ選択とピットアウトタイミングを強いられた事でしょう

残り4分辺りで順位がガラッと入れ替わり始めました
後周回出来て2~3周といったところでしょうか?

各チームガッツリタイムも上がってきていますが、、、、松岡玲はどんどん順位を落としていきます 何故だ・・・・・汗

そして残り1周で更にタイムを各チーム上げてきます、めまぐるしく最終ラップまで各ライダー順位が入れ替わります

久々に見ましたこの光景   何が起こったのでしょうか?  詳細な路面状況はライダーしかわかりません

松岡玲は予選23位まで大きく順位を落としチェッカーとなりました 

今年は予選が上手くまとめきれません。明日は今シーズンイチ 後ポジションからの決勝となりました

松岡玲はまたしても追い上げを強いられる事になりますが腐ってはいられません

怒涛の追い上げ頑張ってもらいましょう!! 目指すはシングルもしくは入賞です

と勝手に中の人が目標をつくりました


A君
A君

路面が乾いてきてもレインタイヤで大丈夫なの?
予選中何回タイヤ交換できるの?
そんなにタイヤの選択とか交換タイミングって難しいの?

mtr-office中の人
mtr-office中の人

 レインタイヤは摩擦抵抗が少なく濡れた路面で冷却される事を想定して作られていて、とても柔らかく出来ていているんだよ  路面が乾いてしまったら摩擦抵抗でタイヤの温度が上がりすぐにボロボロになってグリップすらしなくなるんですよ、もって数周じゃないのかなぁ
  その反面飛沫が上がる位のウエット路面にはグリップしてくれて転倒のリスクは減るみたいですよ
  一番難しいのが、路面の乾き具合が微妙な時  ドライ路面とウエット路面での走行タイムはタイヤのチョイス次第で物凄く変わるからなおさら
  だよね しかも予選時間は35分と短いからタイヤ交換は2回が限界かな? ドライタイヤは使用できるのが1セットまで、レインタイヤは無制限
  ってレギュレーション(規則)があるからその辺の交換タイミングもチームとライダーを悩ませるだろうね、得に今回の予選天候状況なら本当に難しいと思うよ

タイトルとURLをコピーしました